住宅ローン 金利

住宅ローンの金利の種類

住宅ローンには必ず金利がつくものなのですが、この金利には種類があります。それは固定金利と変動金利です。これらの二つはかなり特徴が違っていて、選びようによっては今後損をしてしまうなんていう事もあります。

 

 

まず固定金利というのは、その名前の通り完済までずっと同じ金利になります。そのため、市場の金利が上昇してしまった場合でも、低かった頃の金利のままを保つ事ができ、損をするという事はありません。

 

 

ただ逆に市場の金利が下がった場合でも、固定金利の方はそのまま高い金利を払い続けなくては行けません。

 

 

変動金利というのは、市場の金利の変動にそのまま左右される金利の事です。なので当然下がれば得をし、上がれば損をするという仕組みになります。

 

 

固定金利の場合には、返済総額というものが確定しますから返済計画などを長期にわたって立てやすくなります。しかし変動金利の場合にはその都度金利が変わる事によって、返済総額が固定されません。なので多少返済計画はたてにくいと言えるでしょう。

 

 

このようにどちらの金利にも一長一短あります。これから市場の金利がどうなるのかという事は誰にもわからない事ですが、自分の性格や生活スタイルにとってはどちらの金利の方が良いのかという事はわかる事かと思います。

 

 

そういったものと照らし合わせて、自分が今後後悔しないであろう方を選びましょう。また中には、何年かは固定でその後変動になる、またはその逆、のような金利もありますから、そういったっものも候補に入れてみましょう。

 

 

 

一条工務店 値引き|限界を引き出す交渉方法のTOPへ戻る